夏の蝶

DSC05726.jpg





夏の蝶


a summer butterfly
emerges from the hanging body
in Fukushima

夏の蝶
縊死死体から
羽化始む


a Purple Emperor 
fly away from Thousand Armed
Avalokiteshwara

小紫蝶
千手観音の
手を抜けて


the rusted bus stop
does not have the bus
a butterfly waits


バス停に
バス来なくって
蝶ばかり



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

探したってパックは居ない熱帯夜

DSC05690.jpg




探したってパックは居ない熱帯夜



探したってパックは居ない熱帯夜

茨の実黒く実って福島の真夏の森よ恋たちは

どの花を絞って夏の惚れ薬

映像はグリーンランドの氷河とか崩れ去る他ない瞬間を

悪夢なら覚めて青ラムネ飲もうか



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

金魚草首吊り男どの空に

DSC05648.jpg




金魚草首吊り男どの空に



常盤露草を枯らした。
冬、放射線量を恐れて室内に入れることが出来なかったので。
金魚草を買って淋しいベランダに入れた。



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

夕焼けを3ヤード半下さいな

DSC05707.jpg




夕焼けを3ヤード半下さいな



夕焼けを3ヤード半下さいな

妹ががらがらどんどんやって来てポイとブーケを呉れたのでした

麓から注文が来て夕焼ける

夏庭に咲いてた花を受け取ればオリンピックの勝者みたいね

夕焼けはソールドアウト又明日



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

端居して天動説を呼び戻す

DSC05528.jpg




端居して天動説を呼び戻す



端居して天動説を呼び戻す

太陽にたまにはちゃんと挨拶をしておこうかと梅実ったし

端居して星の王子さまと夕日

我が薔薇は今年になって初めての蕾を付けて澄まし顔です

端居して落ちれば次は別の星



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

道端に烏転がって合歓の花

DSC05503.jpg




道端に烏転がって合歓の花



道端に烏転がって合歓の花

こんなにも近寄って見る烏など烏ではなく烏の果実

朝の風小さく抱いて灼かれおり

セロリ買って帰れば辻に傷もなく落ちてる烏お供物のごと

アポロンの怒りのままに黒羽炎ゆ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

潮浴びて蹠に海持ち帰り

DSC05570.jpg




潮浴びて蹠に海持ち帰り



潮浴びて蹠に海持ち帰り

魚ではない魚では言い聞かせ水を離れる優しい水を

潮浴びて来たという手の長いこと

炎天に立ち空を見る水底のスカルにどんな深海魚棲む

仮設には潮浴びた子ら帰らない



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

いとこ来て縁側に置く天花粉

DSC05388.jpg




いとこ来て縁側に置く天花粉



いとこ来て縁側に置く天花粉

夏の家片肌脱いだ祖母の居ていつも誰かが赤ん坊だった

産毛やや濃くて血筋か天花粉

夏の月亡者居るとて追うまいぞ古屋の蜘蛛と鼠と猫と

天花粉打って毛人の末裔ぞ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

大暑来る首振って草懸命に

DSC05575.jpg




大暑来る首振って草懸命に



大暑来る首振って草懸命に

青い種5月に蒔いて諦めていたら7月芽が出てました

大暑の日ショベルを左試し巻き

隣家は毎日百の花咲いているのにうーん間に合いますか

恋文のスペルはeee縺れ夏



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ファイル開けオゼコウホネを探してる

2012.6.23. 017 (640x480)




ファイル開けオゼコウホネを探してる



ファイル開けオゼコウホネを探してる

友達に山の写真を貰ったらまあ本当に山ばかりです

だってほらニッコウキスゲはまだだから

こんにちはそしてさよならいらくさです燧ケ岳の見えない鳥へ

それにもうミズバショウとか終わってて



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

雲海でラッピングしてしまいたい

DSC05558.jpg




雲海でラッピングしてしまいたい



雲海でラッピングしてしまいたい

7月の朝7月の朝6時7月仕様のキラキラの街

雲海に入れてゴミの日に出したい

7月に全光ボタン押されてる福島はただ夏そのように

黙って玉葱なんか剥くとする



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

真っ白は月下美人であるために

DSC05487.jpg




真っ白は月下美人であるために



真っ白は月下美人であるために

さよならを言うためだけに逢いに来たと言うひといて引っ越して行く

蝙蝠と月下美人ということ

さよならのエチュードばかり夜ばかりいつかほんとのさよならのため

取り敢えず月下美人のおひたしを



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

白鷺と一駅飛んでみたかった

DSC05486.jpg




白鷺と一駅飛んでみたかった



白鷺と一駅飛んでみたかった

福島を出て青田だけ見ていたら郡山まで着いたのでした

白鷺の翼に留まる虫として

じっとじっと青田の風を見ていたらとても愉快になったのでした

白鷺を両手を挙げて呼べたなら



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

この家の母は夏襟子四人

DSC05337.jpg




この家の母は夏襟子四人



この家の母は夏襟子四人

廃屋の内外に呼ぶ声のしてラジオ体操始まるらしい

宿題は野口英世の夏休み

廃屋を通りかかれば美しい物語視る癖つきました

新馬鈴薯がそれぞれの家の味噌汁に



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村


くちなわが卵飲んでる森である

DSC05338.jpg




くちなわが卵飲んでる森である



森の中で起きる、
全ての惨たらしい捕食など、
なんで可愛いこった、3・11以後は・・・・・と、鳥は言った。




にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

日盛を汗垂らし垂らし行くとす

DSC05450.jpg




日盛を汗垂らし垂らし行くとす



日盛を汗垂らし垂らし行くとす

パンプキンドリアを入れた胃袋を盾にしていざ敵陣の街

日盛や生き物でいる生き物で

αβγ透過して行く人間であろうと花であろうと嫌わず

日盛に毛穴が光る獣なり



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ベン・シャーン恐る恐ると福島に

DSC05474.jpg




ベン・シャーン恐る恐ると福島に



ベン・シャーン恐る恐ると福島に

雲母虫一京匹が逃げ出した街なら夏の鱗煌々し

ベン・シャーン紙魚一匹も連れず来た

駅前は36度この街がただ暑いだけそれなら良いね

ベン・シャーン蠧魚より小さいものいると



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

木苺を発見田辺元気かい

DSC05147.jpg




木苺を発見田辺元気かい




木苺を発見田辺元気かい

木苺の半分は手が届かないだらだら道のペルシャ語クラス

原発から木苺まで55キロ

木苺を取って食べたね土曜日の勉強役に立たない予感

木苺を一個摘むべきかと思う



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

天使魚飼わないと生きていけない

DSC05426.jpg




天使魚飼わないと生きていけない




天使魚飼わないと生きていけない

一冊にぎっしり天使眠ってる本だって有る東の窓辺

パソコンにロボットと居る天使魚

本棚の天使を開きその羽を光の中に置いて出かける

天使魚天に還れぬものばかり




にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

青い実に触れもしないでQuatorze Juillet

DSC04937.jpg




青い実に触れもしないでQuatorze Juillet



青い実に触れもしないでQuatorze Juillet

梅の実は誰も捥がない盗人も盗人を辞め夜に消えたよ

おそらくはただの雨の日Quatorze Juillet

ただ雨の一日として革命という言葉など聞きたくなくて

汚れ街無音の瞳Quatorze Juillet



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

冷酒を飲んで読む遺産分配書

DSC05044.jpg



冷酒を飲んで読む遺産分配書



冷酒を飲んで読む遺産分配書

駅売りの新聞を買うその朝に前の背中も寂しげなれば

冷酒や水郡線に乗り換えか

何年も駅の近くに住んでいて旅の理由を聞くことも無い

冷酒と無人の駅に降りるのか



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

パンダの子呼ばれて急ぐ戻り梅雨

DSC05050.jpg




パンダの子呼ばれて急ぐ戻り梅雨



パンダの子呼ばれて急ぐ戻り梅雨

訳も無く見詰める川の時間とかもう入ってる夏色の時

どの花も見飽きて流す送り梅雨

怖いような川の近くに越してまた幼の日々の雨蘇る

完璧な一日無くて返り梅雨



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ミッションは青田の写真撮りに行け

DSC05061.jpg




ミッションは青田の写真撮りに行け



ミッションは青田の写真撮りに行け

水田屋と名乗るものいて青青と指示を出してる雲の上から

青飛沫零れて少し住宅に

笑いながら点を打ってるひとつだけぎりぎりやっぱ水田として

青田この一枚を死守するものよ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ハンカチを葬式ごっこと聞いたので

DSC05023.jpg




ハンカチを葬式ごっこと聞いたので



ハンカチを葬式ごっこと聞いたので

学校で自殺の練習してたから完璧でしたはいと答えて

ハンカチを真っ白にして持つことに

自殺中という少年の時間割あと何年もそのままにして

なつ雲に飛び乗ったぜと笑うまで



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

はっきりと言って穢れた青草と

DSC04970.jpg



はっきりと言って穢れた青草と



はっきりと言って穢れた青草と

蛇の残酷さなど美しい記憶に変わる福島の怪

夏蔦の家に何かが出て来ても

極悪の殺人事件許すべきドラマに変わる理由も銃も

夏草や血の跡が有れば良いのに



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

団扇とか何処へ消えたか分からない

DSC05010.jpg




団扇とか何処へ消えたか分からない



団扇とか何処へ消えたか分からない

いつぞやの采女祭りで配られてしばし机のルーターの横

夏の羽渡されて手が丸い羽

テッシュとか祭りの夜は駅横でぬっと現われ団扇をくれた

夏街の天狗だったのかもしれぬ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

歯医者には11時半小暑なり

DSC04917.jpg




歯医者には11時半小暑なり



歯医者には11時半小暑なり

荒梅雨のイーハトーヴへ歯医者から

小暑の森なれば映画の闇青し

正面からブドリに見られ小暑の雨

口紅も光返せず送り梅雨



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

サンダルを砂に突き立て草矢うつ

DSC04896.jpg




サンダルを砂に突き立て草矢うつ



サンダルを砂に突き立て草矢うつ

サンダルを棄てて金魚の墓を掘る

サンダルを脱ぎ夏の雲行きの舟

浜茄子の下にサンダル隠す訳

晩夏光サンダルは水の犠牲者



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

さくらんぼ星人なので含み笑い

DSC05033.jpg




さくらんぼ星人なので含み笑い


さくらんぼ星人なので含み笑い

買い物の一番上にさくらんぼ乗せてリュックを葛籠のごとく

むわむわにさくらんぼ見せ恋させて

開けた時お化けが飛んで出ないようそとそと背負って濃い曇天へ

ねむねむにさくらんぼみせ恋敵



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

魚の眼まわりもなかも梅雨の空

DSC04977.jpg




魚の眼まわりもなかも梅雨の空




魚の眼まわりもなかも梅雨の空

おうさまになれますように幼子のひらがな揺れる七夕飾り

梅天を裏打ちしてる金の箔

スーパーで桜ん坊を買いましたなのでもう無い願いごとです

梅雨の空水晶体も水増して



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

プロフィール

いらくさ

Author:いらくさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR