穢れ水にも星の来て大晦日

DSC08793.jpg







穢れ水にも星の来て大晦日


穢れ水にも星の来て大晦日



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

太郎の屋根に雪降りつむといって

DSC08773.jpg







太郎の屋根に雪降りつむといって


太郎の屋根に雪降りつむといって

仰向けに倒れたいここでない雪

睫毛にも雪受け止める死体役

雪の犬駆けて来る遭難ごっこ

何よりも清らかな雪と信じて


次郎を眠らせといって雪の綿

眼を瞑って頬までここでない雪

処女雪に十の字の子が落ちて行く

磔刑図手袋嵌はめたままで押す

仮設では死なないと雪のスティグマ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

かちかちの烏賊で遊んで春支度

DSC08787.jpg






かちかちの烏賊で遊んで春支度


かちかちの烏賊で遊んで春支度

思い出のロンドンバスも箱の中烏賊と一緒に隠れていたの

烏賊人参だけは作って春支度

雪女宅急便が届いたら始発の海の空気に孕む

年用意この一瞬の海風で



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

名前を熊に変えようか熊楠忌

DSC08769.jpg





名前を熊に変えようか熊楠忌


名前を熊に変えようか熊楠忌

星が有れば星に祈って雪の日は雪に祈ってしまう症状

西方くまを思い出す熊楠忌

診断書出して下さい三年の私の故障一つ言葉で

大熊は原発の町熊楠忌



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

雪はみな却下をされた夢なので

DSC08772.jpg





雪はみな却下をされた夢なので


雪はみな却下をされた夢なので原型も無く壊されている

大量に詰め込まれてるシュレッダーとても細かい雪のフォントに

残酷な粉星マシン天空でふふふふふふと吐いている雪



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

煤払い土耳古の切手現われる

DSC08767.jpg





煤払い土耳古の切手現われる


煤払い土耳古の切手現われる

菓子箱には俑の絵葉書年の煤

煤の日に考の葉書をまた読んで



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

煤逃げの懐に居る潰れ猫

DSC08732.jpg





煤逃げの懐に居る潰れ猫


煤逃げの懐に居る潰れ猫

煤逃げや隠しに古いランボオと

煤逃げの間指折り韻を踏む



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

今日割れて薔薇の数え日始まって

DSC08734.jpg





今日割れて薔薇の数え日始まって


今日割れて薔薇の数え日始まってとても小さな餅買いました


にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

数え日や花を解体した指で

DSC08729.jpg





数え日や花を解体した指で


数え日や花を解体した指で

end of the year
chrysanthemum disassembled
to count the remaining days


数え日を鬼と一緒に指立てて

last days of December
fingers count the remaining nights
with the deceased


宅配のベル来数え日の耳の中

bell of home delivery
sounds in my ears already
when I count the days



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

寒犬の一匹はふふっスヌーピー

DSC08703.jpg






寒犬の一匹はふふっスヌーピー


寒犬の一匹はふふっスヌーピー



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

偶然にわたくしという冬の水

DSC08698.jpg






偶然にわたくしという冬の水


偶然にわたくしという冬の水

百合を挿す花瓶の中の水のごと立っている水人形の中

わたくしだった水分が冬の息

水を入れて歩いたりふと零したりもふもふ白く吐き出してたり

雪ひとひら西行だったかも知れぬ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

青菫水晶体でベランダの

DSC08669.jpg






青菫水晶体でベランダの


青菫水晶体でベランダの気温が3℃下がっています

見るだけで寒々しいと虹彩のあたりで寂しがる吾のために

クリムゾンレッドの菫買いましたたったひとっつ残ってたイブ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

足占して近づいて行く冬凪へ

DSC08677.jpg






足占して近づいて行く冬凪へ


足占して近づいて行く冬凪へ

冬凪に船出す筈の骸かな

冬凪や未だに行方隠すもの



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

木を植えた男のアニメ忘れてた

DSC08653.jpg






木を植えた男のアニメ忘れてた


木を植えた男のアニメ忘れてた木を切って除染する町となり



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ふくしまの聖樹はみ出る願いごと

DSC08640.jpg






ふくしまの聖樹はみ出る願いごと


ふくしまの聖樹はみ出る願いごと



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

奇跡をとやっぱり言ってしまいそう

DSC08628.jpg






奇跡をとやっぱり言ってしまいそう


奇跡をとやっぱり言ってしまいそう



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

仏蘭西の詩の森に逃げ聖夜過ぐ

DSC08625.jpg






仏蘭西の詩の森に逃げ聖夜過ぐ


仏蘭西の詩の森に逃げ聖夜過ぐ



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

何気なく自死の話をするひとよ

DSC08567.jpg






何気なく自死の話をするひとよ


何気なく自死の話をするひとよフライドチキン自転車の籠

逢瀬川に飛び込むという友だちにもっと遠くの湖すすめたと

冷たくて猪苗代湖は浮かばないそれならよすと諦めたとか



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

聖夜三度潜せどもこのうみやま

DSC08616.jpg






聖夜三度潜せどもこのうみやま


聖夜三度潜せどもこのうみやま



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

とりよりもとんだものいてふゆのそら

DSC08597.jpg






とりよりもとんだものいてふゆのそら


とりよりも
とんだものいて
ふゆのそら

the winter sky
what is flying more highly
than Raptores


だれよりも
とんだいちわは
うさぎじゃぁ

all animals
soared up into the sky
No. 1 is a rabbit


そしてのち
みつかるいたい
よるのかじ

at the ruins
the one dead body was found
the fire of night



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ヒトが蟻に見えるあたりに冬の指

DSC08607.jpg






ヒトが蟻に見えるあたりに冬の指


ヒトが蟻に見えるあたりに冬の指

部屋を借り仕事を探す雪の町夢と知るまで札幌あたり

底冷えのジオラマの町粉砂糖

昭和なら何時頃の部屋私なら何時頃の女子戸を開ける朝

底冷えの町うろうろを配置する



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

一陽来復十二時の鐘山の店

DSC08604.jpg






一陽来復十二時の鐘山の店


一陽来復十二時の鐘山の店

winter solstice
the peal of bell at noon is
echoed from a temple


笑いつつ冬至南瓜を運び来る

waitress is carrying
winter solstice Japanese pumpkin
with happy smile


急に降って止んで冬至のそれらしく

snowing suddenly
stopping suddenly,the sun is
very winter solstice



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

山茶花や諍う日々の三年四年

DSC08574.jpg






山茶花や諍う日々の三年四年


山茶花や諍う日々の三年四年

山茶花山茶花咲いている散っている

山茶花の訴追の空の無窮級数



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ねおちのくまのたなごころにはのどあめ

DSC08555.jpg






ねおちのくまのたなごころにはのどあめ


ねおちのくまの
たなごころには
のどあめ

the bear fell asleep
grasps some peppermint candy
by the both hands


もうくまなので
ほーむれすでは
ないから

because I am
a moon bear already
not the homeless


れむすいみんで
かもしかのあと
つけてく

in REM sleep
I an Asian black bear chase
an antelope



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

木の貌に衾を着せてそれぞれの

DSC08560.jpg






木の貌に衾を着せてそれぞれの


木の貌に衾を着せてそれぞれの名前を告げる裸木の雪



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ブロッコリという小さい森を買った午後

DSC08552.jpg





ブロッコリという小さい森を買った午後


ブロッコリという小さい森を買った午後

in the afternoon
I bought one small woods
so-called broccoli


右ポケットに冬帽子突っ込んで

winter knit cap
stuff into the right pocket of
herringbone coat


左手に雪ひとひらを受け止めり

accept the snowflake
on the pallid palm of
my left hand


にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

きつねですけどいいでしょうかといわれて

DSC08517.jpg





きつねですけどいいでしょうかといわれて


きつねですけど
いいでしょうかと
いわれて

hello! master
do you sell deep-fried tofu
to a poor fox?


きつねけっこう
とくにみぶんは
とわない

my dear fox
I do not ask the status of
a living thing


うりきれてふゆ
よっぱらってる
とうふや

Sold Out
master of winter tofu maker
has got drunk



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

郡山の雪心なし根雪には

DSC08481.jpg





郡山の雪心なし根雪には


郡山の雪心なし根雪にはなれぬときめて優しげに来る

棄てられた星病院に雪ガーゼ壊れたままのブリッジ繋ぐ

三日して消えてしまった雪なので今度いつ来る予約もなくて



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

強い風吹いた日はただ風のこと

DSC08507.jpg





強い風吹いた日はただ風のこと


強い風吹いた日はただ風のこと挨拶にして行き過ぎたいね

実を言うと風切り羽を立てようと肩甲骨に力を入れた

家風は二また杉が倒れたと素気無く告げてビル風になる



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

揺れるたびもっと詩人になりたくて

DSC08510.jpg





揺れるたびもっと詩人になりたくて


揺れるたびもっと詩人になりたくて花の名前を沢山書いた



にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
プロフィール

いらくさ

Author:いらくさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR